英語をマスターする最大のポイントはヒアリング | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

英語をマスターする最大のポイントはヒアリング

リスニングパワー 詳細はこちら

日本人は総じて英語が苦手であると言われています。その理由のひとつが周波数帯域です。日本語を話すときに使われている周波数帯域と英語のそれとでは大きくことなるため、特に訓練等をしない場合、英語を言葉として聞き取ることができないのが原因です。

ヒアリングは英語をマスターするための大きな関門

日本の義務教育から大学を含めると約1000時間を英語学習に費やしています。それだけ勉強を続けているにも関わらず、殆どの日本人が学校を卒業すると同時に英語をすっぱりと忘れてしまいます。日常生活で使える程に上達することができていないためです。その後、社会人になってから再び英会話等にチャレンジしても、結局身に付けることができずに途中で止めてしまうという方も多いのではないでしょうか。なぜ挫折してしまうのか、その大きな理由のひとつがヒアリングができないというものです。会話をするためには必須のヒアリングを多くの日本人が苦手としています。

ヒアリングができない理由は聞き取る周波数の違い

日本語で使われている周波数と英語に使われている周波数は大きく異なっています。英語の周波数を聞き取る脳の領域が開発されていないと、英語を聞いてもただの音としてしか理解することができません。流暢に話すネイティブの言葉を聞き取ろうとしても、音の区切りがわからなかったり、発音が聞き取れなかったりするのは、それが大きな原因となっています。子供の時点でネイティブの英語に接していれば自然と聞き取れるように脳が開発されます。しかし大人になってからの場合は、その周波数帯域を聞き取ることができるようにするために特別な訓練をする必要があります。

リスニングパワーを使ってヒアリング能力アップ

英語の周波数を聞き取ることができるようにする強力なツールがリスニングパワーです。特定の音を聞くことにより、英会話の際に使われる周波数帯域に対する感性を高めることができるようになり、結果としてヒアリング能力を大きく向上させることができるようになります。英語学習において、ヒアリングが得意になってくれば、そのスピーキングやリーディングといった他の分野についても、相乗効果的に大きく実力を向上させることができるようになるでしょう。そこまでくると英語学習自体が楽しくなってくるので、マスターまでの道のりはもう目の前まで来ているといっても過言ではありません。

まとめ

英会話は総合力ですので、ヒアリングだけを学習すれば良いというものではありません。しかし、最初にリスニングパワーでヒアリングに力を注いで身に付けることで、スピーキングやリーディングについても学習速度を大幅に向上させることができるようになります。

オフィシャルサイトはこちら

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP