反復練習を繰り返すことで上達する英語耳の学習方法 | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

反復練習を繰り返すことで上達する英語耳の学習方法

国際化社会といわれる現在は、日本国内にいても英語をはじめとする外国語を耳にする機会は多くなっており、日常的にも電車やバスの中でも当たり前のように聞こえてくるようになりました。小学生から英語の学習が始まったりなど英語を学ぶ機会も増えています。けれどもいくら学ぶ機会が多くても、学習方法を誤ると無駄に時間だけを費やすことになるので、その点はよく見極める必要があるかもしれません。

発音、単語、文法と学んでいく英語学習

語学学習といえばまず英語学習だといえます。英語を話す、聞くことができれば、外国に行っても言葉に困ることもありません。英語圏に暮らす人ではなくても、英語を話すことができる人はたくさんいるからです。英語学習でまずはじめに行うことは発音です。発音記号を習い、自ら発音を繰り返すことでひとつひとつの単語の意味も習得していきます。次にそれらの単語をつないだ文章としての学習になります。そこで今度は文法も学ばなくてはなりません。言葉、文章の意味、そして英語という言葉の仕組みを学ぶことで、英語そのものは理解できるようになるでしょう。

英語学習で必要とされるリスニング力

単語の意味を知り、文章を理解して英語学習は終わるわけではありません。英語学習の目的は英語が聞き取れるようになり、話せるようになることです。そのためには、英語を聞き取ることができるようになること、つまりリスニング力を身に付けることが重要です。その際に自分で発音することができない音は聞き取ることもできないといわれています。最近注目されている英語耳を鍛えるという学習方法は、発音の重要性に着目しています。英語耳を鍛える訓練法として、言葉の基本的な発音を反復練習することが最も重要だとしています。まず根気よく発音の練習を繰り返し行うことで発音に慣れるということが英語耳を鍛える最初の学習です。

ネイティブスピーカーと同じ脳の状態にする英語耳

当然のことですが、ネイティブスピーカーは英語を英語だけで理解しています。英語耳は、脳の中をネイティブスピーカーと同じような状態にすることだといわれています。発音に慣れたら次は英語のメロディーを学びます。好みの歌や会話を繰り返し聞くことでリスニング力を向上させ、英語を英語のみで理解するようになることを目指します。英語耳になるための学習は、さらに語彙力、読解力をつけるため英語の読書を行うようになっています。この学習方法は、中学1年生以上の英語力があれば誰にでもできると評価されています。難しい練習方法はなく、反復練習を根気よく行うことで、自らが上達しているという実感を得ることができる点が高い評価につながっているようです。

まとめ

英語学習は根気が必要です。そして上達していることが自分で実感できることが学習を続けるうえで非常に重要となります。英語耳の学習方法のうちで特に時間をかけたい発音練習は、比較的短い時間で効果が感じられるという評価を得ています。この点からも、この学習方法で成果があったと実感している人は多いようです。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP