日本語とはどう異なるかを感覚で覚える | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

日本語とはどう異なるかを感覚で覚える

日本語と英語はかなり違う言語といっても良いでしょう。単語なども異なりますし、発音も大きく異なります。教材を利用するときは発音の様子を学ぶことができるタイプを使います。本で示しているものや、音、映像で示すものもあります。

口の開け方や舌の使い方などがわかる本を利用

日本人は多くの人が日本語を話します。世界にはそれぞれの国で言葉が使われていて、発音も様々です。もちろん単語なども異なるので、理解をするにはそれぞれの言葉の特徴がわからないといけません。英語の教材の中では、ボイトレを行うタイプがあります。書店などで売られているものの中には、口の開け方であったり、舌の使い方などがわかる本があります。日本語は無意識のうちに口を動かせますが、他の言葉は最初は意識的に使う必要があります。LとRは日本語ではほとんど同じような発音ですが、口の動かし方によって変化させることができます。

発音をトレーニングすることができるか

英会話をするには、まず相手の言っていることを聞き取ります。そしてその意味を理解し、それに対する返事を考えます。そしてそれを相手に伝えます。これが自然に問題なくできればコミュニケーションができるようになります。どの部分が未熟でもうまくコミュニケーションはできません。せっかく答えまではわかっているのに、それが相手に伝わらないともったいないでしょうその時は、英語のボイトレができる教材を活用します。こちらを使うと、発音の仕方などがわかります。ですから、相手に伝わりやすくなり、コミュニケーションも円滑に行えます。

ネイティブが実際に発音をしている様子

英語を母国語とする人をネイティブスピーカーと言います。生まれた時から使っていて、自然に話せるようになった人です。ですから、コミュニケーションも自由に行うことができるでしょう。この人の通りに発音をすることができれば、上達させることができるかもしれません。勉強をするときの教材として、ネイティブが実際に発音をしている様子がわかるボイトレのDVDがあります。本だけだと実際に聞けません。CDだと音だけです。DVDだと音も様子もわかります。ですから、いろいろなことがわかります。口の動きなどを真似をしやすくなるでしょう。

まとめ

英語を上達する上で発音は重要なポイントになります。ボイトレができる教材を利用することで発音を本物に近づけることができ、コミュニケーションができるようになるかもしれません。映像などがあるとより上達しやすいです。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP