童謡から歌謡曲やロックなどが使える | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

童謡から歌謡曲やロックなどが使える

英語の歌は非常にたくさんあります。子供用の童謡から、大人が聴くロックなどもあります。勉強をするときに歌を使うことでより多くの単語を覚えることができますメロディーと一緒だと、忘れにくい利点があります。

童謡などを使いながら楽しみながら覚える

童謡には、日本で生まれたものもあれば、元々海外で生まれたものもあります。その後に日本語に訳されたり、日本語の歌詞が別途つけられることもあります。メロディーはわかるので、後は元の単語などを合わせれば、原曲を楽しむことができます。英語を学ぶときに音楽を使うと学びやすい場合があります。子供の場合であれば、いつも歌っている同様を利用することがあるでしょう。もちろん原曲通りでなくて、学ぶため用に別途歌詞を工夫することもできます。メロディーを使って覚えるので、自然に身につけられ、頭から抜けにくくすることができます。

洋楽のフレーズを覚えて慣れていく

音楽には、歌のあるものとないものがあります。クラシックなどは歌がありませんが、歌謡曲やロックなどは歌があります。歌には日本のものの他海外のものもあります。最近は日本の歌の中にも英語が入ってきています。それでもほんとが日本語なので、意味は分かります。アメリカやヨーロッパの歌となると、完全に現地の言葉になるので、学ぶときに音楽を活用することが可能になります。今流行している歌をそのまま覚えるくらい歌っていると、その歌に出てくる単語、フレーズ、文法などをすべて覚えることができます。何曲も覚えればその分単語数も増やせます。

プレーヤーを用いていつでも勉強ができる

音楽を聴くためのツールとして、以前はカセットなどを持ち歩く必要がありました。今は、デジタルデータ化されているので、専用のプレーヤーを用意したり、スマートフォンなどでも聴くことができます。これらを利用すれば、音を利用した勉強が可能になります。英語をマスターしたいときに、英語の歌などを入れておき、それを聴くようにすると楽しく学ぶことができるかもしれません。電車に乗っているとき、何かを待っているときなど隙間時間を利用して聴くことで、より多く触れることができます。慣れれば、少しずつ身について行きやすくなります。

まとめ

歌は、メロディーで覚えることができます。そのため、英語の学習をするときにも音楽を利用すると行いやすくなる場合があります。単語であったり英文などを、メロディーと一緒にたくさん覚えることができます。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP