使える英文を覚えることで慣れ親しむ | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

使える英文を覚えることで慣れ親しむ

英語の文章はたくさんありますが、マーフィーの法則は、日常的にも良く使われる文章として知られています。ですから、覚えることで慣れ親しむことができ、単語や文法なども少しずつ身につけることができます。

英文にも多く出てくる文章を知ることができる

文章には、実際のことがそのまま記載されることもあれば、ことわざや格言などが記載されることがあります。いきなり猫に小判といわれても、海外の人は何のことかわからないでしょう。でもことわざであることを知れば、前の文章との比較などができます。英語を学ぶときには、マーフィーの法則を使うと良いとされます。これ自体でも学べますが、多くの英文などで出てくることがあります。ですから、事前によく読んで知っておけば、突然英文の中に出てきても文章の予測をすることができます。迷うことなく、少しずつ読み進めることができるでしょう。

何度も楽しんで聞くことができる

英語を学ぶとき、特にリスニングを行うときにはいかに聞くために耳を持つかが重要になります。日本語とは発音が異なるため、日本語で慣れてしまうと聞き取れない部分が出てきます。すると細かい違いなどを理解できないことがあります。その時に利用すると良い教材としてマーフィーの法則を題材としたリスニング本があります。人間の活動の中でよくありそうなことを法則としてまとめた本で、読んでいるとなるほどと感じたり、楽しみを感じたりします。読んだり聞いたりして楽しければ続けられます。自然に耳を慣らすことができます。

意味のあることを覚えながら英文に親しむ

中学などで英語を学ぶとき、「I have a pen」などを覚えることがあるでしょう。全く使わないことはありませんが、使うシーンはあまりありません。文法としては大事になりますが、そのまま覚えたとしてもあまり得ではないので、覚えながら勉強をするには合わない文章になるかもしれません。マーフィーの法則は、英語圏の人であれば比較的多くの人が知っていて、特にアメリカの人は良く知っています。日本語でも翻訳されていますが、これを英語で覚えることで勉強を進めることができます。意味がありよく使うので、そのまま覚えても損のない文章です。

まとめ

英語の教材は非常に多いですが、勉強をするときは集中的に行う方が良いこともあります。マーフィーの法則は英語学習でよく使われる教材で、英文にも良く出る文章を知ることができます。聞いたり読んだりして学ぶのに役立ちます。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP