0歳からの幼児教育が理想的です | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

0歳からの幼児教育が理想的です

人の脳は、生まれ落ちた瞬間には、どの国の言語も話せる可能性を持っています。けれど、そこで選択をしてしまうと他の言語が聞き取りにくくなり、理解不能になってしまうという驚くべき特徴があることを知っていると、それを有利に生かして鍛えることができるでしょう。

0歳から鍛えるのは耳から音を聞く力

日本では長い年月をかけて英語教育を行うにもかかわらず、ほとんどの人が日常会話すら困難なレベルでしかありません。これは、英語の勉強はするけれど、英会話の勉強はしてこなかったということが理由です。ネイティブスピーカーもびっくりするほどむずかしい英単語を知っているのに、簡単な日常の挨拶は、ネイティブならおよそ誰も使っていないようなセンテンスで話すなど、ちぐはぐさが目立つのが日本人の英語の特徴だと言えるでしょう。そのため、生まれて間もない0歳児には、どんな言語も聞き取れる脳の働きを存分に生かしてもらうため、英語耳を作り上げるために英語を流し続ける作戦に出ます。

英語耳を鍛えると後から理解が追い付いてくる

0歳からずっと英語を聞いていると、英語の発音もそのまま身に付きます。ほかに比較する対象がないため、日本語と英語では言い方が異なる単語も、すんなりと英語のほうで発音できるようになるでしょう。これで英語耳はある程度確立された状態になりますが、日常生活の中では圧倒的に日本語が多いので、日本語耳に戻ってしまう可能性があります。毎日意識して継続的に聞かせ続けることや、学校生活では日本語になるため、家では英語を使うなど、臨機応変に対応することが重要になってきます。言葉の綴りや言い回しなどは、英語耳を保ち続けることで後から追いついてきます。

大人なら英語耳ドリルで英語にチャレンジ

大人になってから英語をマスターする必要に迫られたとしたら、発音とリスニングの両方の練習ができる英語耳ドリルが役立つでしょう。なぜ英語が聞き取れないのかという疑問は誰もが持ったことがあると思われますが、そもそも発音できない音は聞き取れないという脳の働きがあります。この英語耳ドリルの面白いところは、歌を使って学習が進められる点です。音楽を聴いてリラックスしながら、それが英語のブラッシュアップに役立つとなれば、興味本位で初めてみるのも面白いでしょう。目からウロコが落ちる体験をしたら、英語が聞き取れるようになっているかもしれません。

まとめ

0歳児からの英語教育でもっとも大事なのは、英語耳を育てることです。理解は後で追いついてきますので大丈夫ですが、大人はそういうわけにはいきません。そのため、大人の英語耳を育てるには歌を使ったドリルが効果的です。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP