地道に継続させたい英語耳を習得するための努力 | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

地道に継続させたい英語耳を習得するための努力

現代社会では様々なシーンで英語が必要とされています。英語の習得は多くの日本人にとって憧れのひとつですが、それを憧れだけで終わらせないためには、何よりも先に発音を身に付けることが肝心となっています。

文法学習だけでは身に付かない英会話

聞こえてきた英語を頭の中で日本語に変換することなく、英語のまま理解するということを一般的に英語耳といいます。以前であれば英語の勉強法というのは、文法学習が主でした。しかし、文法だけでは英語を話すことができないという現状も生まれてしまいました。そのため、ある程度読み書きができても英会話ができないという人は多いようです。文法学習はもちろん重要ですが、英語を話すためにはリスニング力を鍛える必要があります。そのリスニング力ですが、ただ英語の発音を聞くという勉強法だけで身に付くものではありません。英語を聞き取れるようにするためには、自分で発音できるようになっておく必要があります。

英語を英語のまま理解するために必要な発音練習

日本人は日本語を話すことができますが、それは赤ちゃんの頃から意味がわからないながらも日本語に囲まれて育ってくるからです。英語が飛び交っている環境に身を置けば、身に付きやすくなるというのはこのためです。しかし日本で暮らしている以上、英語が話されている環境に身を置くことは簡単ではありません。そのため本物の英語を聞く機会もなく、発音する機会にも恵まれることはほぼないという状況です。普段日本語を話している以上、外国語である英語を発音するのはとても大変なことですが、英語のまま英語を理解するためには、自分で発音し、英語のリズムやイントネーションを体で記憶することが大切です。

毎日少しでもとりたい発音練習の時間

発音練習を繰り返すという勉強法を継続させれば、自然と英語耳は育ってきます。しかし、語学学習においては日々の積み重ねが非常に重要となります。基本的には発音を繰り返すという単純な勉強法ですが、できるだけさぼらす、毎日少しの時間でも良いので英語を発音する時間を設けることが重要でしょう。自分で発音できる単語や文章が増えていけば、それを聞き取る能力を持った英語耳に近づいていきます。継続させることは難しいかもしれません。また、すぐには実感として効果が現れることもないかもしれませんが、地道な努力だけが着実に力をつける方法だということを忘れないようにしましょう。

まとめ

英語耳は英語を聞き取り、話すために不可欠な能力だということができます。ただ特別効率的な勉強法があるわけではなく、地道に発音練習を繰り返すことが必要です。毎日の習慣に組み込むことで、より継続させやすくなるはずです。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP