世界で使われているものとの違いを知る | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

世界で使われているものとの違いを知る

英語は世界の共通語といわれますが、母国語としている国によって少しずつ異なる場合があります。イギリスで使われているものを学びたいなら、本場の教材を活用するとよいでしょう。映画や音楽なども使えます。

イギリスの映画を見ると本場の発音がわかる

日本では、日本の映画と外国の映画を見ることができます。外国の映画はどうしてもアメリカの映画が多くなります。アメリカで使われているのはアメリカ英語であるため、なじみがあるものの必ずしも使えないこともあります。イギリスに留学をしたりしようとするなら、イギリス英語を学んだ方が良いとされます。この時は、イギリスの映画を使います。これで本場の発音からヒアリングの勉強が可能になります。必ずしも上映しているとは限らないので、DVDなどを利用すると良いでしょう。名作の中にも、聞いて勉強をするのに適しているものがあります。

ラジオ放送を聞くことで学ぶことができる

ラジオを聞く方法として、ラジオを用意することを挙げるでしょう。日本であれば、日本の放送局を選ぶことができます。基本的には電波が入るところのみです。最近はラジオ以外でインターネットを利用して全国の放送がきけるようになっています。さらに、海外の放送局も聞ける場合があります。英語の中でも特にイギリス英語のヒアリングを学びたいとき、イギリスのラジオ放送を聞くと学べる場合があります。ラジオ局のホームページからアクセスすることで聞くことができる場合がありますし、過去の放送などを収録しているサイトを利用することもできます。

テスト対策のため勉強する必要がある

世界的な英語のテストがあります。日本でも行われていますが、世界で共通的に行われているので、どの国の人でも受けることができ、能力の判定もできます。世界には母国語としている国が多くあり、特にイギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダなどでは話す人が多いとされます。それぞれで少しずつ異なるため、世界的なテストでもそれぞれが少しずつ使われています。もし高得点を狙うのであれば、イギリス英語のヒアリング対策もしておく必要があります。教材の中には、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど国ごとの違いを知ることができるものもあるでしょう。

まとめ

イギリスの英語は、アメリカとは少し異なるとされています。イギリスに行くのであれば、現地のラジオ放送を活用してヒアリングの勉強をしてみましょう。日本でも、現地のホームページにアクセスして聞く方法があります。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP