どうすれば作られやすいかを知っておく | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

どうすれば作られやすいかを知っておく

英語をマスターするには英語脳にする必要がありますが、どうすれば作られるかです。子供なら、小さいころに作られやすくなり、勉強をするなら、他の情報を排除するなどが必要です。適した教材を選ぶ必要があります。

子供のころに学ぶと作られやすくなる

人間は、他の動物に比べて知能が高いとされます。言葉を話すことができるのも知能が高いからでしょう。子供のころにその能力がより高くなることがあり、5歳ぐらいまでだと言語能力が吸収しやすくなります。日本語は他の言葉に比べると難しいとされていますが、子供であれば簡単に身につけることができます。英語を学ばせるときには、いかに英語脳を作るかになりますが、早ければ早いほど作られやすくなります。日本人としての生活をしているので、日本語能力もそれなりに付きます。両方の言語を学ばせると、どちらの能力もアップしやすくなります。

日本語に翻訳せずに理解できるようになる

日本語であれば、直接的に物を知ったり、コミュニケーションをすることができます。では英語のときはどうかですが、簡単な単語や文法を除くとまず日本語訳を行います。そして日本語で理解をします。相手に返事をするなら、日本語で答えを考え、それを英文にして話します。間に必ず日本語が入っていました。より高度なコミュニケーションをするには、英語脳にする必要があります。日本語に翻訳せずにコミュニケーションできる力を身につけます。マスターできれば、すぐに応じることができるので、コミュニケーションもしやすくなります。

テキストを見ずに音だけで聞き取る

人の脳は非常によくできています。いろいろな情報を総合的に分析し、適切な対応ができるようになっています。ただ、これが勉強には良くないこともあります。英語をするとき、テキストを見ながら音声を聞くことがあります。すると聞き取れていないのに、テキストから情報を補い、いかにもわかっているように感じてしまうからです。英語脳を作るのであれば、リスニングのトレーニングを行うときには音声情報のみを頼りにします。それによって、文字情報を補うことなく、音で理解する能力が身につけられます。わからなければとにかく繰り返し聞きます。

まとめ

日本人は、日本語を聞き、日本語を話します。ですから、すべてのことを日本語で理解をします。英語でのコミュニケーションなら英語脳を作る必要があります。日本語を通さないで理解をしたり、応えたりする必要があります。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP