英会話を可能とさせるために身に付けたい英語耳 | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

英会話を可能とさせるために身に付けたい英語耳

日本人にとって英会話の上達は昔からの夢ともいえます。一般的に日本人は英会話に限らず会話が苦手だといわれています。しかし英会話においては、まず発音を上達させることでその1歩を踏み出せるという認識になりました。

中学校、高校の6年間では身に付かない英語

英語の習得は、日本人にとって最大の課題だといわれています。現在は小学生から英語の学習が始まっているようですが、現在英語を話したいけれど話せないという人の多くは、中学校の3年間と高校の3年間という学習過程の人が多いかもしれません。よく6年間も勉強しているのに、しゃべれないのはおかしいという話が聞かれます。しかし、6年間の間に本物の英語に触れる機会というのはほとんど設けられていません。そのため、本物の発音はおろか、英語を理解する英語耳が育つ環境も整っているとは言い難い状況です。そこに注目して、最近は英語を英語のまま理解する英語耳を育成していこうという傾向が強まっています。

様々な種類があるリスニング教材

特に意識することなく日本語を聞き理解できるように、英語も理解できるようになる必要があります。リスニングが自分の課題であると考えている英語学習者も少なくはないでしょう。そのため、リスニングを強化する教材も多く販売されており、非常に選択肢が豊富になっています。しかし、自分に合った教材は何なのか、本当に効果が上がる教材がどれなのかわからない人も多くいます。それが理由で購入をためらっているという人も少なくないかもしれません。同時に様々な教材を購入したにもかかわらず、いまいち効果が実感できていないということもあり得ます。英語の習得のためには、まず何よりも音を身に付けることが重要となります。

リスニング力の向上に必要な英語耳

リスニングの力を鍛えるためには、発音練習が最も効果的だというのが指導者たちの共通の見解となっています。自分で発音できない単語は、自分自身の脳で認識することができないため、聞き取ることもできないそうです。まずは自分の口で発音できるようになる必要があります。発音がきちんとできるようになれば、英語を聞き取り、理解する英語耳に近づくことができるようです。現在は英語耳の習得がリスニング力を向上させる手段として多くの学習者に取り入れられています。ただ、それらの教材は購入して終わりではなく、実際に自分の口で発音し、その反復練習をするという過程を欠かすことができません。

まとめ

英会話を可能とするための第一歩として、耳の習得は不可欠だといえます。英語耳は英語を聞くだけで習得できるものではなく、自分の口で繰り返し英語を発音することで身に付きます。どんな学習においてもそうですが、自分で時間を見つけて継続させるという努力が非常に重要です。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP