音声を利用すると耳から慣れることができる | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

音声を利用すると耳から慣れることができる

英語をテキストで勉強すれば、英文を読めたり英作文は書けます。でもコミュニケーションは難しいでしょう。CDを利用すればリスニング能力をアップさせることができます。テキストなどに付録として付いています。

音楽プレーヤーにデータを移動させて利用

音楽を聴くとき、CDを利用することがあります。ただし、専用のプレーヤが必要で、携帯用といってもそれなりの大きさがあります。大きいと、長く聞こうとしても電池の消耗が激しい場合もあります。英語のリスニングの勉強をするときにも使うことがありますが、その時には音楽プレーヤーにデータを移動させられるタイプを使います。音楽用などだと簡単にパソコンなどに取り込めないものがあります。すると、自宅の再生機でしか勉強できず効率が悪くなります。音楽プレーヤーやスマートフォンにデータを移動できれば、いつでも再生して勉強ができます。

テキストを選ぶときに添付されているか

英語を学ぶ方法として、教室に通ったりすることがあります。しかしそれなりに授業料がかかるので、人によってはできないこともあります。手軽に行えるのはテキストなどの本を利用する方法です。書店などに行くと購入することができます。では普通に選べばよいかですが、リスニング能力をアップさせるためにCD付きを選ぶようにすると良いでしょう。文法などはテキストから学びますが、英文や単語を覚えるときには音声で聞きながら覚えます。何度も聞くことによって頭の中に入れることができ、少しずつ覚えられるようになります。

棒読みがいいのか会話風が良いのか

感情をこめずに文章を読むと、抑揚がない表現になります。棒読みといわれることがあり、日常生活ではニュースなどで聞くことができます。英語の勉強をCDで行うことがあります。リスニングをするときに便利ですが、その時の教材にはどんなタイプが良いかがあります。会話として学ぶのであれば、文法などを重視した棒読みより、会話風の方が良いでしょう。同じ文章でも、どこを強く発音したらよいかなどがわかります。同じ言葉や単語が少ない場合でも、抑揚の付け方で表現を変えられる場合があります。会話型で勉強した方が、より実用的な表現を覚えられます。

まとめ

英語を学ぶときのテキストを選ぶなら、CD付きを利用しましょう。中に出てくる表現をネイティブなどが話してくれるので、リスニングの勉強をすることができます。会話の勉強なら、会話風の話し方のものが良いでしょう。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP