日本語と違う部分を学べる教材を利用 | 英語耳で英語上達への近道!|英語耳TRIP

メイン画像

日本語と違う部分を学べる教材を利用

英語と日本語は同じところがないと言ってもいいぐらい違いがあります。単語も異なれば文法も異なります。学ぶための教材としては、単語であったり、文法を学べるタイプがあります。最も基本的な部分を学べます。

単語をどんどん覚えることができる

物にはそれぞれ名前があります。それ以外に、動作にも名前がありますし、驚きや悲しみなどを表現するときにも方法があります。日本で生活していれば、日本での言葉は身につけられますが、英語の場合は意識的に覚えていくしかありません。教材としてあるのは、単語をどんどん覚えることができるタイプです。受験用として、中学生や高校生が使うものが良く知られていて、一つ一つ単語を覚えていく方法があります。また、子供用もあります。子供用の場合は、イラストなどイメージを介して覚えるタイプが多くなります。楽しんで覚えられるタイプが多いです。

リスニング能力を身につけることができる

英語でコミュニケーションを取るとき、話すことができればよいかです。いくら話すことができても、相手が言いたいことがわからないとどうしようもありません。何を言っているのかと尋ねることができても、それを聞き取れないといつまで経っても会話が前に進みません。そこで利用したいのは、リスニング能力を身につけることができる教材です。ネイティブといわれる人が実際に話している様子を収録したデータを使います。本と一緒にCDが付いていて、それを再生すると音声を聞くことができます。何度も聞くことで、少しずつ理解が深まる場合があります。

正しい英文法を身につけられるテキストなどがある

中学や高校で学ぶ英語の中心になるのが英文法です。日本語とは大きく異なることがあり、そのルールを知らないことには正確な理解をすることはできません。コミュニケーションをするときに必ず細かい英文法が必要なわけではありません。でもどんなに短い文でも英文法が絡んできます。学ぶための教材として、英文法が学べるタイプがあります。学校のテキストを補完するタイプの物から、高度なものなども用意されています。子供の場合は、あまり難しい文法などは学びません。今の表現、過去の表現など、簡単な文法を中心に学べるようになっています。

まとめ

英語でコミュニケーションをするときに重要な能力としてリスニング力があります。学ぶときの教材では、リスニング能力を向上できるタイプがあります。ネイティブが発生する音を聞くことで、能力をアップすることができます。

オススメ記事

英語耳

英語耳が身につくと、発音が上達し声に出すことが楽しくなります。外国の人たちとの会話もスムーズになり、聞き返すことや聞き返されることもなくなるので会話も盛り上がります。そうすることで自信にも繋がり、モチベーションも上がっていきます。

スピードラーニング

スピードラーニングは、聞き流すだけで正しい発音と英会話力が身につく教材です。机で勉強することも、英会話教室に通う必要もありません。通勤通学時間や家事をしている時、車の中など自分に都合の良い聞き方で続けることができます。

TOP